アニマルセラピー

アニマルセラピーとは、
動物を治療の一部として介在させることにより、
当人の身体的、精神的、社会的機能の回復を目的とする手法です。

アニマルセラピーに用いられる動物は、
情緒水準が高度であると考えられる馬やイルカなどの哺乳類が一般的です。

社会性やコミュニケーションに障害があるとされる発達障害児において、
イルカ等とのふれあいによって問題行動が減少する事例は古くから知られていましたが、
近年ではその効果が科学的に実証されつつあります。

心愛ではセラピー犬を導入しています

心愛のセラピー犬、ティアラちゃんです。

  • 心愛の画像
  • 心愛の画像
  • 心愛の画像
  • 心愛の画像
  • 心愛の画像

こどもたちとのふれあいの様子です。

  • 心愛の画像
  • 心愛の画像
  • 心愛の画像
  • 心愛の画像
  • 心愛の画像


>> ご相談やお問い合わせはこちら
>> 発達障がいについてのページに戻る

サポートハウス 心愛

児童発達支援センター 心愛つう

相談支援事業所 つくし

代表コラム